お役立ち!秋の装飾品購入サイト


Home > 秋の装飾について > 秋の装飾は小物などのデザインやカラーだけでも雰囲気が出る

秋の装飾は小物などのデザインやカラーだけでも雰囲気が出る

 秋らしさをお店や部屋に出したいのであれば、秋の装飾を使うと手っ取り早く秋らしい雰囲気を出すことができます。
まずは小物を夏物から秋物に変えてみましょう。
花瓶やタペストリー、置物を秋らしいものに変えます。
また、できるだけ空間を大きく占めているものから変えたほうがより全体的に秋らしくなります。
例えばソファーのカバーやカーテンがそうです。
大きな布を秋用のものに変えてみましょう。
また、暖簾をかけて雰囲気を出すという手もあります。
壁紙を変えるという方法もありますが、そこまで大掛かりな事をしなくても小物や布物を変えるだけで雰囲気は出せるので、できるところだけやってみてください。
季節によって雰囲気を変えると飽きがこないので、たとえ同じ場所でも新鮮に感じられることでしょう。

 雰囲気を変えるのに重要なカギとなるのがカラーです。
夏であれば涼しげな青色や緑色のカラーを利用することが多いかと思いますが、秋であれば茶色やえんじ色など渋めの色のものを利用するようにしましょう。
秋らしいカラーが空間に季節感をもたらしてくれます。
どうしてもお店のコンセプトでカラーが変えられないなどの理由があれば、同じカラーでも少しダーク感をもたらしたり夏らしい原色からパステル調にするなど、まぶしくキラキラしたイメージから暖かく柔らかみのあるカラーにチェンジすると少しでも秋らしくなります。
それぞれの色を組み合わせるのはセンスが必要となってくるので、難しい場合は配色見本などを参考にカラーを決めてみてください。
相談先があればいいに越したことはありませんが、なければ配色カラーパレットの見本がネットで無料公開されているのでそれを利用しましょう。

 秋の装飾と言えばもみじの紅葉など季節の草花を思い浮かべる人も多いかと思います。
何も本物を飾る必要はありません。
本物が難しいということであれば暖簾などのデザインを秋の草花のものにしましょう。
また、秋らしい動物達もデザインとして最適です。
例えば月に浮かぶウサギ、ドングリを集めるリスなどがそうです。
虫で言えば鈴虫やコオロギ、トンボが秋らしく見えます。
秋の味覚である柿やキノコ、サツマイモなども秋らしいデザインです。
シックで大人の空間にしたいからあまり部屋にデザイン性のあるものを置きたくないという場合は、秋の景色を写した写真を飾るというのもいいでしょう。
月ごとにあるイベントでデザインや置物を変えるのもアリです。
9月であればお月見、10月であればハロウィンといった感じで変えてみてください。

次の記事へ

カテゴリー

ページトップへ